PROFILE  SCHEDULE  SOUND  MAIL  MOBILE  ARCHIVE 
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.02.22 Thursday

2月


2月は短いですね

もう春はすぐそこ


たくさん演奏会があるのに

お知らせできていません

今日こそ!


とはいえ、振り返りから



2018 . 02 . 10 . sat

まどぎわ 大明 展 〜 在る物と或る私 〜






最後の写真は、2日目出演の 矢谷ウメ子ちゃん


反対側はこんな風になっていました

日毎に演奏場所が変わる、という面白い演出


これね、

演奏者から と 客席から の景色が違うんです

( ウメちゃんの場合は もはやウメちゃんも景色ですが )


白鍵と黒鍵の曲に「 透明度 」という曲があって

 " 世界は透明 " という歌詞があります

繰り返し、" あなたと私 " という言葉が出てきて


ああ、この日に歌われるべきはこの曲だったんだなと

そう実感しました


「 まどぎわ 」のページには

各音楽家の曲目まで載せてくれています

これは 主催の Nonsugar 氏ならではの

粋なはからいだと思います

タイトルだけ見ててもおもしろいですよ

是非覗いてみてください◎


https://arumonotoaruwatasi.tumblr.com



思わぬお客さまが来てくださったり

「 まどぎわ 」の常連さんが増えていたり

とても良い心地で演奏させていただきました


ありがとうございました



絵のそばで、すなわち、まどぎわで演奏すること


私自身は絵を描くように

音楽を形にしているし 奏でています

だから、絵のそば は安心します

一緒に並んでいるようで




最後に

大明 氏 の言葉も残しておきたいと思います



サブタイトルの「在る物と或る私」とは
描く対象だけでなく、それを描いている
自分も含めて観察するということ
人の感覚で捉えられるものには限界がある以上は
なるべく主観や思い込みを廃して描き
自分が何を描いているのかを考える
目に見えないものを見る、
自然のものを人の手で再現するという矛盾に
向き合いたい

by 大明




シラハタショウコ







2018.02.08 Thursday

白鍵と黒鍵


今日は晴れ間に雪が舞いましたね

美しい時間でした


あの一瞬で救われます



さて、白鍵と黒鍵 の話



何年前の写真なんだ!


白鍵と黒鍵 は

鍵盤と打楽器と声2本、というユニット

他にない音楽だと自負しています


季節に一度、皆さまの前で歌えたらいいな、と

緩やかに動いています


そんな我々が 絵 のそばに登場します






盟友の Nonsugar 氏の「 まどぎわ 」


彼の音楽基盤には

" 絵のある風景で歌を "

" 生活の中に絵を "

というコンセプトがあります


まど、とは 絵 のこと

あちらとこちらを繋ぐ、まど

音楽もひとつの まど

誰かが言っていた


今回の主役は 大明氏

tomoaki と読むのだそうです


彼の まど のそばで 歌います


私が初めて彼の作品を観たときは

全く違う作風でした

その作品も好きで、いつかお会いしたいと思っていました


おチラシを観ていただくと雰囲気が垣間見えるのですが


もしかしたら、

正直に言って、

あ、ちょっとダメかも、

というひとはいるかもしれない


生理的な部分を刺激する 絵 だなと


でも、

生々しさや生き物くささと同居する美しさが

何かを放っていて

それは 白鍵と黒鍵 の音楽にも繋がるところがあると感じています


まだ一部しか作品を観れていないのですが

あの曲とこの曲だね、と

確信が持てるのがその証拠かなと


どんな対話ができるのか、とても楽しみです



今回のタイトル「 在る物 と 或る私 」


 " 在る " 

根源的でありながら実体がない言葉


 " 或る私 " 

私を私たり得るものは、何なのか


主観でありながら客観


大明氏のお話を聴いてみたいものです


我々も 大明氏 の絵につられて

昔の名曲を歌うかもしれません

お楽しみに



まどぎわ 大明 展

〜 在る物と或る私 〜

https://arumonotoaruwatasi.tumblr.com


会期:
2月10日(土)−2月12日(月.祝)
ギャラリータイム(入場無料)
2月10日、11日 13:00-17:00
2月12日 13:00-20:00

入場料:
1日券2000yen
2日券3000yen

場所:イロリムラプチホール
大阪市北区中崎1丁目4番15号
TEL:06-6376-0593
HP : http://irori2005.com/

2月10日(土)月面=雨中企画ライブ
〔時間〕open 18:30 start 19:00
〔出演〕月面=雨中 / 白鍵と黒鍵 / はるまつあるふゆ

2月11日(日)よあけのばん企画ライブ
〔時間〕open 18:30 start 19:00
〔出演〕よあけのばん / オリトス(from地球儀) / 矢谷ウメ子

2月12日(祝)ギャラリーライブ
〔時間〕start 13:00 / 16:00
〔出演〕Nonsugar





シラハタショウコ


2018.01.28 Sunday

月と海と花





2018 . 01 . 26 . 

シラハタショウコの演奏会

with SHIIBO curry

at aunoun parlor


「 避けようのない長雨 〜回顧〜 」


ドレミファ

雨が降る前に

branch

瞬間

sunset film in the water ( cover. )

夜に飛べ


深海

春の海

沈没船

おやすみ

globe


あふひのうた

透明度




この絵は 「 沈没船 」という曲に

新しく加えた歌詞の情景を描きました


まだ流動的な曲なので

もしかしたら もう歌われないかもしれないけれど

それでも 絵が すごく目に浮かんで



ここのところ 身辺で なにか動いていて

それによって自分も

中身が入れ変わってしまってるような気さえしています

毎月演奏する場所に立ってようやく実感しました


聴いてくれた皆さまの反応も興味深くて

いただいたアンケートを読み返しています


生命力、という言葉が

ここのところの key word になっていて


まだうまく話せないんですけど

泉のように 生命力が湧き出るのを感じるときがある

それは 自らもあるし 他者の関わりからもあります


「 globe 」という曲は

そんな 生命力 を体現している曲だなと思ったり


それにしても

私は呆れるくらいにマイペースで

それが演奏にも明らかに出ているのですが

そんな中でも

皆さまが 色んなことを見つけながら聴いて下さる


とても、嬉しいです

ありがとうございます


人前で演奏し続けることとは


答えを探るために 舟を 漕いでみよう



次回の シラハタショウコの演奏会 は

2月28日(水) です


ご予約お待ちしています






シラハタショウコ

2018.01.26 Friday

花柄


おはようございます


長らく時を空けてしまいました

私は元気です


そちらはいかがでしょう



1月11日の 雲州堂 さん




一年のはじまり

歌い初めに相応しい日になりました


集ってくれた皆さまと乾杯できて

新年会のようでした

雲州堂で出会った方もたくさんいて

憧れの場所でまたこうやって演奏できることが嬉しいです


ありがとうございます


yassann との演奏もまた是非に



そして、今日は aunoun parlor にて

シラハタショウコの演奏会


テーマは色々浮かんで迷っていたのですが


昨日 友人が 私のことを こう表現してくれました


「 避けようのない 長雨 」


しとしと 津々と 降る雨

もうそこに身を浸してしまう

そんな 雨


色んなことを包んでくれる表現だったので

これをテーマにしてみようかな、と



お知らせするはずの blog  が

追いついてなくてすみません

演奏会の情報も 2017年で止まってますね


もう一度、心あらたに 書きますので

どうぞよければチェックしてくださいね

よろしくお願いします





急に花柄が着たくなりましてね


演奏会では 無地 ばかり着るので


街で黄色だとか明るい色や

花柄の洋服を着たひとを見ると

ぱっと気持ちが華やぐんですよね


そういうの、身につけていたいなってね


春は少し先だけど



さ、起きます


今日もよい一日を





シラハタショウコ







2018.01.11 Thursday

さて


2018年が動き出しましたね


年が明けるということが

ほんの些細なことなのだと実感します


今日はそんな年明けから数えて初めの演奏会

15周年の 雲州堂 さん


何をうたうかは、やはり、すぐ決まりました


ただ、

年末年始だの お正月だのの 喧騒が

まだ少し残っていて

それを落ち着かせるために

珈琲の匂いが漂う、好きな喫茶店へ

シナモントーストとミルク珈琲


こういう時間が案外大事



最近、先のことを考えます

ずっと考えていることですが

どうしていこうかなと


ありがたいことに

まだまだ色んな出会いと変化がありそうだと思える


そういえば、ずっと思ったようにやってたよな


作りかけている曲が

すごくダサくも思えるんだけれど

でも久しぶりに歌詞が書けて

口ずさめる


「 朝に泣く 」


そんな曲


敬愛してやまない先輩が、

どんなにダサくても

曲を仕上げること、と言ってくれたので

頑張ってみようと


新しい曲をつくりたくなる とか

新しい曲をうたいたくなる のは


いまの曲たちが

いまの自分をうたってないからだなと

当たり前なんだけど



いまの私の曲を

聴いてもらえると嬉しいです





いただいたお花をこんな風にしてみました


日々に彩り

ありがとうございます




シラハタショウコ

2018.01.01 Monday

明け


初夢、見ましたか


おはようございます

年が明けましたね


明けまして おめでとう


私は新年早々、風邪っぴきで

咳がコンコン


小さい頃から

それも、おそらくは 生まれた すぐの頃から

毎年 家族とお寺でお経を読んで新年を祝うという習慣があります


( 私は読めるところだけ )


行かなかったのは 2、3回だけだと思います


今朝は、そのことを思い、自分のルーツを感じたのでした



さて

2017年ラストは谷町九丁目 LiveBar OneDrop さんでした



お久しぶりの方が

ずっと聴きに来たかったんだよ、と

真っすぐ私の顔を見てくれて

それがすごく嬉しくて


ずっと、変わる私を受け入れながら

見守ってくれているひとたちが集まってくれて

12月29日だったけど

もう年が明けてもいいと思いました


共演の 鳩羽ネヲン さんが

5年前に初めてご一緒したときのことを

大切に覚えてくださっていて

ああ、あの夜が こんな風に花開くなんて、

だから ひととの関わりは 喜びだと実感しました


トリの ヲザキ珈琲 くんは同い年

なんだか おもしろい距離感で

やあ、また会ったね というような

彼の温度というのかな

それがとても好きです


そして 今年も12月 に OneDrop さんに出られたこと

とても嬉しかった

そんな場所です


皆さま ありがとう



振り返ってみると

私なりに がむしゃらに やってみた年でした


不思議なことに 2017年までの数年を含めて

明けた気がしています


私もたくさんの変化があったけど

それ以上に、周りの友人へ起こったことが

私に大きく何かを与えています


愛すべき友人たち


年の暮れに向けて

たくさん会いに行ったのはそういうことなのかな

友人の音楽もたくさん聴いた


知りたくて



2018年 新年


ただ 年号が変わっただけだけど

さあ どうするんだ?

そう きかれている気がします


まだよくわからない、というのが本音です


音楽 そのものが 果たして自分にとって必要なのか

そんな疑問さえ出てきた旧年の暮れ


それと向き合うとき


音楽をやめるなんて発想は無いんです


ただ、ちゃんと問いに答えたい

そう思っています



私はいつも 与えてもらい過ぎています

毎日 懺悔と感謝をしています

ありがとう


また 健やかに 朗らかに 会いましょうね

そして話をしましょう

いつだっていいです

会えたときがそのときですよね

いつ会っても笑っていられるようにしよう


これからも よろしくお願いします



さあ そろそろ 起きよう

おはよう







シラハタショウコ

2017.12.29 Friday

シラハタショヲコ


おはようございます

今日は 2017年 総決算の日です


谷町九丁目 LiveBar OneDrop さんで フィニッシュ!


今日の共演者は

鳩羽ネヲン さん、ヲザキ珈琲くん


( 鳩羽ネヲンさんの表記をずっと間違えてました。

ごめんなさい。。)


そう、お2組とも「 ヲ 」をお持ちなんです


私、持ってない


ということで!今日は!


シラハタショヲコ です

よろしく


いい字面だなあ



▷ open 19 : 30 start 20 : 00

▷ ¥1500 + drink





お待ちしています

乾杯しましょう

話をしましょう





シラハタショヲコ

2017.12.26 Tuesday

gift


こんにちは


今日はいかがお過ごしですか

私は穏やかな日を過ごしています


クリスマスの名残をいただきながら




日々こそが gift だなと 思える日々


ひとつの区切りを前に Y 字路 に立っている気分です


あと、今日を含めて 6日間


ひとつひとつ 丁寧に 置くように

過ごしたいものです


今年最後の演奏会も





いかがお過ごしですか

どんなことを 考えていますか



● 12 . 29 . fri @ LiveBar  OneDrop ( 谷町九丁目 )

19 : 30 / 20 : 00  ¥1500 + drink

with 鳩羽ネオン / ヲザキ珈琲



お待ちしています




シラハタショウコ





2017.12.24 Sunday

星めぐりの歌

「 星めぐりの歌 」



あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。





とてもいい曲ですね


そらのめぐりの、めあて


ここが、好き


おやすみなさい




シラハタショウコ





2017.12.21 Thursday

京都文化博物館



こんにちは


私が、いつか演奏したいと思う場所


そのひとつに 京都文化博物館 があります



外観も美しいのですが

別館ホールの佇まいが好きなのです


調べてみると 旧日本銀行京都支店 で、

国の重要文化財のようです


先日、ここで開かれた演奏会へ行って来ました



haruka nakamura

「 12月のカーテンコール 」


haruka nakamura 氏は 鍵盤家 さんです


今回は 大編成 での演奏会だったのですが

なんと表現すればよいのか

音楽の あるひとつの姿、なにかと繋がるための音楽

そんな、聖なる時間に思えました


以前 ここで、

大好きな 高木正勝 氏 の演奏も聴きました


そのときも彼の鍵盤の音に包まれて

とても感動したのを覚えています


いつか 私も ここで演奏したいのです



想像が 駆けめぐります





シラハタショウコ

Powered by
30days Album