PROFILE  SCHEDULE  SOUND  MAIL  MOBILE  ARCHIVE 
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お散歩 | main | 京都文化博物館 >>
2017.12.17 Sunday


2017 . 12 . 16 . at aunoun parlor

シラハタショウコの演奏会

with SHIIBO curry


「 橋 」




深海

花あそび

双葉

月のいろ

雨冠


------- SHIIBO curry -------


夜にとべ

華唄

ママのうた

ハクモクレン

春の海

おやすみ


透明度

流解

( 白鍵と黒鍵 set )



12月はどうも振り返りがちです

今回は自分の歴史をなぞるように演奏しました


深海、花あそび


これらは 白鍵と黒鍵 ( 以下、白黒 ) の初期の曲で

花あそび は初めて曲をつくった当時のもの

歌詞も曲調も強烈で うたえない時期もありました


深海 はどうやって生まれたのかさっぱりだけど

サビの " ラティティ " からできたのは覚えています



双葉、月のいろ


この頃になると 白黒の第2期という雰囲気

双葉 ソウハ は自身でも名曲だと思っていて

今になって、さらにその魅力が増してきた曲


月のいろ は前奏からできた曲

作品集「 耳 」の イントロ に入ってます

双葉 もそうだけど、ピアノだけでつくって

そこから相方に歌詞をつけてもらいました


どちらも美しくて壮大で、何より難しい



雨冠


これは白黒初期にして

初めてキャッチボールでつくった曲かな

ずっと歌い続けていて、皆さまに愛してもらっている曲です



どの曲にしても ソロで歌えるようになるには

時間がかかりました

まだまだ歌いこなせてはいないけれど

そこからまた 白黒 を知ってもらえたら嬉しいです


後半はソロへと移ろっていきます



夜に飛べ


これも白黒の曲で、サビからできたのかな

" 夜に飛べ " という言葉に惚れました

このピアノがとても好きなんです

歌いたかった曲調がやっとつくれた、そんな曲

白黒ならではのハーモニーが美しい曲です



華唄


この歌詞は白黒結成当初に既に相方が書いていたのですが

数年経ってから不意にみつけて

歌詞に惚れて曲をつけたもの

ひとりで完結してつくったので

ソロを強く意識するきっかけになった曲です



ママのうた


この頃から完全にソロの曲をつくっていくのですが

そのときのハイライト曲でしょうか

その頃、ラシラハタ と名乗っていた時期があり

今とは違った雰囲気でソロで歌っていました

大学の学祭のリハーサルをしていて

聴いた学生さんが、すごく好きな曲だと、

声をかけてくれたことをずっと覚えています



ハクモクレン、春の海


この頃はソロ第2期で 輪郭がはっきりしだした頃かなと

そういうのは聴いてくれるひとの反応でわかるものですね

私自身も歌いたいものが歌えている感覚がありました

なぜか、春のうたが多いのです



おやすみ


これは 今 のハイライトですね

口ずさんでいた うた からできた曲

これもありがたいことに 皆さまに愛してもらっています

こういう、想いがストレートに詰まった うた も

歌っていきたいな

自分がこんなことを歌いたかったのかと

気付かされた曲でもあります

" 私は、ここにいるから "



透明度、流解


アンコールでは相方を呼んで

2人で 白黒で 演奏しました

どちらもまた名曲で ( 自画自賛というやつです )

流解 ルゲ と読みます

ソロでは歌えない、ユニットならではの曲

この曲は 双葉 と同じ時期にできたもの


透明度 は第3期、夜に飛べ と同じ時期で

やはり言葉に惚れたんですね

" 世界は透明 " 



長々と書きましたね

自己満足な、記録のようなコメントになりました

すみません


でも 聴いてくれた方には より知ってもらいたい

聴いたことのない方には 興味を持ってもらいたい



「 橋 」というテーマには色んな気持ちが込められていて


2017年 から 2018年 へ

白黒 から シラハタショウコ へ

あなたから私へ

私からあなたへ

あの頃から今へ

ここからどこかへ


大好きな Moon River の歌詞を想って


Two drifters, off to see the world
There's such a lot of world to see
We're after the same rainbow's end
Waiting round the bend
My huckleberry friend
Moon river and me



ああ、もうひとつあったな


今の私から 次の私へ


変わっていきたい


いつも ありがとう



aunoun parlor も Anniversary


12年目に入るそうです

こけら落としで 白黒 で歌わせてもらってから

そんなに経ったんですね


SHIIBO と出会ってからも随分経ちました


毎月演奏会を開かせてもらって

毎月絶品カレーを振る舞ってもらってます


人生の先輩である友人がいつも言います


人生はひととの出会いだと


私は それを深く実感するにはまだまだ青いですが

この演奏会を通して感じさせてもらってます


今後どんな風に動いていくかまだわからないけど

もう少し続けてみようと思っています

どうぞ、よろしくお願いします



長いよ!




シラハタショウコ







コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album